クモノイト食堂。

~滋味ごはん、ときどき甘味~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

活蛸のガーリックオイルカルパッチョ。  

たこ、好き。




酢の物、サラダ、唐揚げ、アヒージョ・・・
たこやき!




今日は、
“活き”な生蛸で。

P7083609cbp.jpg
活蛸のガーリックオイルカルパッチョ。



生の蛸、活蛸で、
カルパッチョ、オイル仕立。

P7083616cbbp.jpg 茹でダコじゃ、ないよ。

水だこみたいな活蛸。
てか、水だこ?なの?
よくわからないけど、
水分たっぷり、
皮はぷよぷよね。

切りにくいので
皮は取って、
吸盤も取って。

P7083619cbbp.jpg でも吸盤は美味しいので真ん中。

たっぷりのオリーブオイルに
にんにくとアンチョビのみじん切りを
弱火でゆっくり熱したものを
並べた蛸にかけるだけ。

胡椒やレモン汁で
お好み調整。

P7083625cbbp.jpg

ちょっとそのまま置いて、
なんなら少し冷やして、
味をなじませるとさらに◎

吸盤が美味。



※2つのランキングに参加しています。
バナーをクリックして頂くと、
この食堂のランキングが上がる仕組みです。
                      
ぽちっと2つクリックして応援して頂けると、
励みになります。よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

レシピブログに参加中♪


いつも応援、ありがとうございます、感謝。



本日のヤフトピに

  「嫁」呼びは差別?

なるものを、発見。

ご結婚されている方はお互いを
なんと呼んでいらっしゃるんでしょう。
家の中と対外は当然、
呼び方違うと思うんだけど。

私的には
今の日本の婚姻制度に納得して
〇〇家に嫁いだのなら、
“嫁”と呼ばれても全然構わない。
私ももう、旧姓を名乗ることはないし、
嫁に来たことは確かなんだし、
“嫁”とか“嫁さん”とか“嫁ちゃん”とか
全然、構わない。

それよりも、これまた個人的に、
伴侶を“主人”と呼ぶことには
抵抗ありあり。

そもそも、
現代の結婚に主従関係はないので、
なんとなく違和感。

私たちより上の方々は
“主人”と呼ぶ方が多いように想います。
しかも、
“主人”は、セレブな香りがします(笑)。

「うちの主人が・・・」的なのには
違った意味できゅんきゅんしますが、
私が発することはまず、ない(笑)。

“家内”という言い方も同様で、
伴侶の女性はいつも家に居て
家を守る的な、
昔の名残なのでしょうが、
これももう、時代が違う。

私はダンナさん、と呼び、
多分彼は私を外では奥さんと
呼んでいるはず。

旦那=主人
奥さん=家内
ほぼ意味は同じなんだけど
言葉のニュアンスがやや優しいかなと。

いやいや結局、
同じじゃん。

いろいろ突き詰めると
めんどくさいね(笑)。

好きに呼べば、
いいんじゃん、とか、
投げやりなまとめ(笑)。

ただ、

“かみさん”と呼ぶ男性には
ちょっと、憧れます(笑)


最近、微妙に、
インスタにはまり中。

食堂から来て下さる方もいて、
嬉しいです、
改めてありがとうございます。

人とのやりとりが基本面倒で、
食堂のコメント閉めて早何年。
おかげでとても快適な
weblog生活。

インスタも当然、
お返事とかはおろそかですが、
もしアカウントお持ちなら、
気軽にfollow me



P7083629cbbp.jpg
吸盤LOVE
 
      
                 
※2つのランキングに参加しています。
バナーをクリックして頂くと、
この食堂のランキングが上がる仕組みです。
                      
ぽちっと2つクリックして応援して頂けると、
励みになります。よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

レシピブログに参加中♪


いつも応援、ありがとうございます、感謝。



※食堂のご感想、他、
 ご依頼等はPC版サイドバー上部にある
 メールフォームからお願い致します。



category: オツマミ

thread: +おうちでごはん+ - janre: グルメ

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。