クモノイト食堂。

~滋味ごはん、ときどき甘味~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

手羽元の大蒜味噌オーブン焼き。  

ストーブの上で沸く
やかんのお湯、温かい湯気。




温かな炎は、癒しです。




雪国出身。

PC100041cbp.jpg
手羽元の大蒜味噌オーブン焼き。



お手軽食材手羽元登場。
大好きな手羽元を
ちょっと和風なオーブン焼き。
    これはオーブン焼きが合ってます。PC100012cbbp.jpg

味噌はどうしても
焦げやすい。
手羽元は意外と骨の周りまで
火が通りにくい。

グリルで一気に焼くのもいいけど、
これに関しては
焦げる上に生焼け必至。

Cpicon 手羽元のにんにく味噌オーブン焼き。 by ∴nico

ほんとうに
おいしい。

PC100045cbbp.jpg 漬けだれも余すことなく利用。

たれは
たっぷり塗れる甘め。

にんにくの香り、
そそります。

   PC100057cbbp.jpg

2号(息子)は
この味噌だけ乗せて
ごはんおかわり。

来るべき
食べ盛りが恐ろしい・・・。



                   ※2つのランキングに参加しています。
           (バナーをクリックして頂くと、この食堂のランキングが上がる仕組みです。)
                      
                ぽちっと2つ応援して頂けると、もの凄く嬉しいです♪


人気ブログランキングへ


レシピブログに参加中♪

                   ★いつも応援ありがとうございます


やっと、
出せました、
ツリー(笑)
12月10日の大仕事。

ついでに
石油ストーブも出しました。

一気に部屋が、
冬になりました。

ちなみに。
ツリーもストーブも、
出したのはアタシではなく、
ダンナさん。
飾ったのだけは、アタシ。

いかにも自分の功績のように
語ってしまった、反省(笑)。


寒冷地育ち。
子供の頃は
火鉢型のストーブがあって、
こうゆうの 

ここで
同居していたおばあちゃんと
あんこを炊いたり、
焼き芋作ったり、
大根炊いたり、
買ってきたたい焼きを
こんがり温めて食べたり、
昆布巻き炊いたり、
タコ焼きしたり。

火鉢型ストーブのおかげで
茶の間はいつも
美味しい匂いにあふれていました。

寒冷地でも今では
エアコンが主流なのか、
と、思いきや、

極寒の地の家は
電気のエアコンだけでは
なかなか暖まらなかったり、
電気代凄かったりするので、
今でも石油ファンヒーターが
活躍しているはず。

石油ストーブも
一家に一台は
あるんじゃないでしょうか。

そしてこの
火鉢型ストーブはまだ、
ご家庭にあるんでしょうか。

万が一、停電になって
暖が取れないのは
死活問題。
アナログなストーブは
命を守る必需品。

しかも火鉢型なら煮炊きもできて
一石二鳥。

石油ストーブのありがたみは特別。
他の暖房と並列では
ありません。

まだ寒い早春の
大きな自然災害を機に
買いました。


部屋の中にほのかに漂う
灯油の臭いは
慣れない方には嫌悪も
あるかもしれませんが、

雪国灯油育ちのアタシには
懐かしい、冬の匂い。

乾燥する冬、
ストーブの取り扱いはお互いに
十分気を付けましょうね。

名実ともに、
冬、到来。


      
                 PC100051cbbp.jpg
                         火は、用心。               

                   ※2つのランキングに参加しています。
                     応援して頂けると、嬉しいです。


人気ブログランキングへ


レシピブログに参加中♪

                   ★いつも応援ありがとうございます



※食堂のご感想、他、
 ご依頼等はPC版サイドバー上部にある
 メールフォームからお願い致します。


category: オカズ

thread: +おうちでごはん+ - janre: グルメ

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://tmnr14.blog17.fc2.com/tb.php/1718-93be6b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。