クモノイト食堂。

~滋味ごはん、ときどき甘味~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

蓮根と塩昆布のカップ鮨。  

アタシの小学校の
給食のパンはなぜか、




物凄く不味かった。




残念な、思い出。

PB309602cbp.jpg
蓮根と塩昆布のカップ鮨。



簡単なカップ鮨。

すし酢は超簡単自家製、
味の決め手は塩昆布。
        カップに詰めるだけで、いい感じ。PB309594cbbp.jpg

パーティ気分、
盛り上げ中。

おうちバルの料理レシピ
おうちバルの料理レシピ


◆材料(8個分)
米        2合
酢        大さじ5
砂糖       大さじ2
塩昆布(刻んで) 大さじ1/2
蓮根       100g

ボイルえび    8尾
アボカド     1個
めんつゆ     小さじ1
マヨネーズ    小さじ2
わさび      少々

きゅうり薄切り  1/2本
大葉の千切り   6枚分
白炒り胡麻    適宜

◆作り方
1.炊飯器の目盛りより少し少なめの水加減で白米を炊く。
  蓮根は小さないちょう切りと飾り用の薄い半月切りに。
2.耐熱容器に酢、砂糖をいれ、600wのレンジで1~2分
  砂糖が溶けるまでにかけ、1の蓮根を加えさらに1分加熱し冷ます。
3.アボカドはエビと同じくらいの小さい一口大に切り、めんつゆと
  マヨネーズで和えておく。
4.2のすし酢から飾り用の蓮根だけを取り除き、刻んだ塩昆布と
  一緒に炊けた白米に加え、良く混ぜながら冷ます
5.4をカップに半分入れ、千切りの大葉を挟んでさらに ごはんを
  詰める。薄切りのきゅうり、飾り用の蓮根を飾り、3を乗せ胡麻をふる。

※食べる時、お好みで醤油を垂らしても◎

PB309578cbbp.jpg 大葉サンド。

運悪く、刻んだ蓮根が
全く見えません。
塩昆布もたまたま刻みきれなかった子が
丸見えですが(笑)

要は、
すし飯用のご飯を炊くときに入れる
昆布を割愛し、
すし酢には塩を加えず、
その分を塩昆布で補っているという
計算になっています。

    PB309599cbbp.jpg

なんてことはないもの、ですが、
こんなものでもなんだかパーティ風に
できるんじゃないかな、というご提案。

※トロピカーナおうちバル会レシピコンテスト・既エントリー
 真鯛と湯葉とルッコラの生春巻。
 蛸と蓮根のふわ焼き。
 舞茸とアボカドのパイカップ。
 アボカド入りポテトサラダのサモサ風。
 蛸とアンチョビのスパニッシュオムレツ。
 鮭のコーン天麩羅。


                   ※2つのランキングに参加しています。
           (バナーをクリックして頂くと、この食堂のランキングが上がる仕組みです。)
                      
                ぽちっと2つ応援して頂けると、もの凄く嬉しいです♪


人気ブログランキングへ


レシピブログに参加中♪

                   ★いつも応援ありがとうございます


はやぶさ2が
打ち上げられました。

たまたま学校の関係で
早帰りだった子どもらも
滑り込みセーフ。
ランドセルを背負ったまま、
画面にくぎ付け。

帰って来るのは6年後。
52億キロの旅、だそうです。

6年後。
天然娘は17歳、
熱血少年は15歳、
アタシは・・・・・・・・。

感慨深いものが
あります。


お昼前、
学校にちょっと用事があり訪れると、
校舎の中が給食独特のいい香りで
満たされています。

アタシが子供の頃の地元では
給食センターで作られた
冷え切った、または生ぬるくなった料理が
角缶、丸食缶に入れられて
トラックで運ばれてきていました。

きっと給食センターの方が
一生懸命作ってくださったもの。
決して不味くはなかったけれど
冷えたうどんの汁とか、
冷たい煮物とか揚げ物とか、
やっぱり味気ないものがありました。

しかもパンは、
地元の潰れかけた製パン工場を
救済するためと噂されていた、
子どもの舌でさえお世辞にも美味しいとは
言い難い代物。

唯一温かく、いつも美味しかったのは
当時でも保温庫に入って
届いていたごはんでした。

きっと今ならすべてが保温されて
温かいものが供されているのでしょうね。

今、うちの子どもの通う学校には
給食室があり給食員さんが毎日、
温かい給食を子どもらの目の前で
作るシステム。

合理性、利便性を考えれば
一括で作ったり、業者の調理品を使うのが
手っ取り早いのでしょうが、

特にまだ幼い子どもにはできるだけ、
人の手で作るところを見せながら
人の手を感じるものを食べさせたい。

温かい美味しい香りに包まれる
午前中の校舎は
子供の頃からのアタシの憧れ。
幸せな気持ちになれる場所。

うっかりいい香りを嗅いだ
学校からの帰り道。

今日の給食は
なんだったんだろう、あの香り・・・
何かはわからないけれど
ミートソースのソフト麺を
無性に食べたくなりました。

その足でコンビニへ行き、
なるべくジャンクな風情の
ミートソーススパをご購入。


この子らも
きっとこの学校の給食の良さを
大人になってからしみじみ
感じるのではないかしら。

はやぶさ2が帰って来るころには
この子らも給食卒業、か・・・。

      
                 
                 PB309573cbbp.jpg
                     食べ物の記憶は、一生もの。         

                   ※2つのランキングに参加しています。
                     応援して頂けると、嬉しいです。


人気ブログランキングへ


レシピブログに参加中♪

                   ★いつも応援ありがとうございます



※食堂のご感想、他、
 ご依頼等はPC版サイドバー上部にある
 メールフォームからお願い致します。




category: ゴハン

thread: +おうちでごはん+ - janre: グルメ

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://tmnr14.blog17.fc2.com/tb.php/1712-6a0b0a24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。