クモノイト食堂。

~滋味ごはん、ときどき甘味~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鮭とアボカドのユッケタルタル。  

よく、夢見ます。




昼夜を問わず、




夢見る、おばちゃん。

P5125553cbp.jpg
鮭アボカドのユッケタルタル。



時間がなかったので
簡単おつまみ。
   ちょっと前にも似たようなの、作ったな。P5125592cbbp.jpg

アボカドに胡麻油が
かなり好きみたいで、

今日は刺身用の鮭で、
ちょっと細かめに刻んで、
タルタル風に。

味付けはレモン汁を少々に
コチュジャンと醤油少々、
胡麻油。
白胡麻もたっぷり入れてます。

韓国海苔を添えまして、

P5125614cbbp.jpg 乗せまして、食べますよ。

恒例の、海苔巻。
海苔で巻けば
即、おつまみ。

コチュジャンの辛味も
いい感じ。

     P5125618cbbp.jpg

時間がなくても、
すぐ作れるので
すぐ飲めます。


                   ※2つのランキングに参加しています。
           (バナーをクリックして頂くと、この食堂のランキングが上がる仕組みです。)
                      
                ぽちっと2つ応援して頂けると、もの凄く嬉しいです♪


人気ブログランキングへ


レシピブログに参加中♪

                   ★いつも応援ありがとうございます


1年前の5月。

こどもの日に旅立った彼女は、
ウチと同じ、
上が5年生、下が3年生、
兄弟同士が同学年、
そしてアタシたちも同い年の
大好きな友達でした。

泣いてばかりのあの日から
気が付けばもう1年。
子どもらには
うまく説明できず封印。

お身内だけで執り行われた式には
当然出席できず、
ご家族を思うと家を訪問する勇気も出ず、
墓標が立ったら手を合わせに
伺うことにし1年が過ぎました。

楽しいはずの子供の日が、
愛するママの
命日となってしまった彼等を想い、
1年経った母の日の翌日、
子どもらに話すことにしました。

1号も2号も良く知っている、
優しくてかわいいお友達のお母さんに起きたこと。
以来、物凄くがんばっているだろうお友達のこと。
出来る限り正確に、伝えたつもり。

突然降りかかる悲しみに、
対応しなくてはならない辛さ。
子どもと言えど、
その辛さと対面しなくてはならないことが
あるのだということ。

そして、
何事もない日常は、
とても幸せなのだということ。

到底理解しようもない話だけど、
アタシ自身がやっと
泣かずに話せるようになったので、
事実を正確に話しました。

話を聞き、驚き、
号泣する3年2号弟と、
その2号を見ながら
“ここは泣いたほうがいいのかな”などと
思いめぐらしながら
話を聞いている様子の5年1号姉。

それぞれの
捉え方でいいです。

話ながら
自分の気持ちも
整理していました・・・。


さてさて。

昨夜の夢は
大和田伸也さんと
歌舞伎を観に行くというものでした。

無論、
大和田伸也さんは
ただのテレビの中の方、
知り合いなわけもなく、
とても非日常的で、
シュールな夢でした(笑)。

こんな夢を見る
アタシって・・・


 
                 P5125596cbbp.jpg
                       妄想癖の、夢見がち。                   

                   ※2つのランキングに参加しています。
                     応援して頂けると、嬉しいです。


人気ブログランキングへ


レシピブログに参加中♪

                   ★いつも応援ありがとうございます



※食堂のご感想、他、
 ご依頼等はPC版サイドバー上部にある
 メールフォームからお願い致します。



category: オツマミ

thread: +おうちでごはん+ - janre: グルメ

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://tmnr14.blog17.fc2.com/tb.php/1573-70f43344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。